• 2018年1月11日
    「大仏師・実慶とその周辺」ミニシンポジウムを開催します。

    国指定重要文化財・阿弥陀三尊像の作者である大仏師・実慶に関するミニシンポジウムを開催します。実慶は、日本を代表する鎌倉時代の天才仏師・運慶の兄弟弟子にあたり、確認されている実慶の制作した作品は当館の阿弥陀三尊像のほかには伊豆市・修禅寺の本尊・大日如来像があります。
    申し込みは不要ですので、聴講を希望される方は直接美術館においでください。

     ・日程:平成30年1月21日(日)から3月25日(日)の間の毎週日曜日
     ・時間:11時~12時、14時~15時の1日2回
     ・司会進行は、第2・4日曜日が齋藤宏(美術館顧問)、第1・3日曜日を鈴木勝彦(館長)が担当します。 

  • 2018年1月10日
    勢至菩薩立像が運慶展へ出展のため不在中です。

    国指定重要文化財・阿弥陀三尊像の脇時である勢至菩薩像が、下記の運慶展に出展するため平成30年1月10日(水)から3月中旬(予定)まで不在中です。
    今回の運慶展では、その兄弟弟子たち一門の作品も展示されることから、実慶作である阿弥陀三尊像の脇時・勢至菩薩像が出展することとなりました。
    こうした特別展の中で、改めて勢至菩薩像の姿をご覧いただくことで、新たな魅力が発見されるかもしれません、是非この機会に運慶展にお出かけください。

     名称:特別展「運慶~鎌倉幕府と霊験伝説」
     会場:神奈川県立金沢文庫
     会期:平成30年1月13日(土)~3月11日(日)
     

    現在、阿弥陀三尊像は中尊台座と観音菩薩像が修復作業のため、不在で、勢至菩薩像も不在になることから美術館でご覧いただけるのは阿弥陀如来像だけとなりますので、ご承知おきください。

    ※勢至菩薩立像  

  • 2018年1月4日
    第10回特別企画展 『新春かんなみ仏の里美術展』を開催しています。

    公募による、仏像彫刻、仏画、写経、仏像写真などを展示しています。

    期  間  平成30年1月4日(木)~2月28日(水)2ヶ月間
    時  間  10:00から16:30
    出 展 数 19点
    そ の 他 彫刻9点、仏画8点、写経1点、写真1点
    場  所  館内多目的室

    ※企画展のみは観覧料が無料です。